ビットコインってなに?暗号通貨は何が新しい?

暗号通貨は実験的で未知数 わかりにくい

発明から日が浅く、ルールが整備されていない暗号通貨は実験的な部分が大きく、未知数の存在とも言えます。またその仕組みを理解しようと思っても、カタカナ用語ばかりでわかりにくいと感じるかもしれません。

仕組みを知ると、世界の見え方が変わるかも

しかし、暗号通貨の情報を耳にする機会は増える一方です。ビットコインを使ったオンラインサービスVALUのニュースは記憶に新しいところです。

現時点では特に知る必要性を感じなくても、暗号通貨について少しでも触れておくことで、世界の見え方が変わるかもしれません。

暗号通貨をわかりやすくご紹介していきます

これから数回に分けて暗号通貨について紹介します。

初回の今回は暗号通貨になじみのない方でも想像しやすいよう、できるだけ専門用語を使わず説明したいと思います。では早速始めましょう。

暗号通貨とは何か?

モノやサービスの対価として使える

暗号通貨は、インターネットを介してモノやサービスの対価として支払いに使える通貨です。法定通貨のような現金の形は存在しません。

中央管理者がいない

また、暗号通貨が法定通貨と大きく異なるのは、銀行のような中央管理者がいないという点です。詳細は暗号通貨の種類によって異なるので、ここでは代表的な例としてビットコインを挙げ、日本円と比べてみましょう。

例えば日本円の場合、発行は日本銀行が行い、現金以外のやり取り(例えば振込やカード払いなど)は銀行が管理する個人口座を通し行われます。

一方、ビットコインには中央で管理する機関はありません。取引は個人間で直接行われます。個人が独自に口座を持っているようなイメージです。

有志が取引を確認している

なお中央管理者はいませんが、世界中にいる有志がインターネットを通じ、取引に不正がないかをひとつひとつ確認しています(なお、ビットコイン以外の種類で中央管理型の暗号通貨とみなされるものもあります)。

中央管理者不在のメリット

中央管理者がいないメリットをいくつか挙げてみましょう。

例えば、銀行の場合3時以降の振込は翌日扱いになりますが、暗号通貨であれば24時間いつでも送金できます。

また、法定通貨は中央管理者の決定によって価値が暴落するなど不安定にもなりえますが、暗号通貨の場合は中央管理者によって価値が左右されることはありません。

また自分が管理するパソコンソフトなどで保管しておけば、銀行口座のように資産が凍結されることはありません(ウェブサービスの場合は凍結された事例があります)。

中央管理者不在のデメリット

デメリットとして挙げられるのは、自由度が高い分だけ負う責任も大きいということです。不測の事態でも頼れるのは自分だけです。

例えば銀行振込であれば、詐欺目的の偽の店に振込んでしまった場合、銀行が犯罪に使用されている口座を差し押さえ返金するなどの対応も考えられますが、暗号通貨では送金してしまったらそれまでです。

またオフラインで保管していた暗号通貨のパスワードや保管機器が盗まれた場合も、誰にも助けてもらうことはできません。

加えて、暗号通貨が新しい存在のため「正しい使い方」を全員で模索している状態であり、過去の事例にも頼りにくいという点はリスクだと言えます。

誰が管理している?

世界中の有志が手分けして管理

中央管理者はいませんが、決済が正しく行われていることを確認し記録する役割は存在します。

ここも詳細は暗号通貨の種類により異なるので、例としてビットコインを挙げましょう。

誰がビットコイン決済の確認と記録をしているのかというと、世界中に存在する有志です。ビットコインにはインターネットで公開されている台帳があり、有志は取引が正しく行われることを確認し台帳に記録するのです。

誰でも記帳に参加できる

このような確認や記録に使うソフトをダウンロードする必要がありますが、ダウンロードするための資格は特になく、しかも無料です。本当に誰でもできるのです。

有志には報酬が支払われる

なぜ有志がそんな作業をするのかというと、最初に記録に成功した有志には報酬が与えられるからです。

報酬はビットコインで支払われます。その報酬を目当てに今日では世界中の有志がこぞって記帳に参加しています。

報酬=ビットコインの発行

ちなみに、報酬として支払われるビットコインは、その時点で新しく発行されます。

記帳が成功すると、その記帳作業に見合った額のビットコインが自動的に発行されるのです。暗号通貨にとってこれが唯一の発行される方法です。

個人情報は暗号されていて閲覧できない

「全世界に台帳が公開される」と聞くと個人情報が心配になるところですが、個人情報は全て暗号化され解読はほぼ不可能とされています。

例えば、Aさんがビットコイン5BTCBさんに送金した場合、Aさん、Bさんの情報は暗号化され、5BTCの取引があったという情報のみが公開された状態で共有されるのです。

ブロックチェーンについて

新しいのはブロックチェーンで管理されること

ブロックチェーンは、データの管理を中央集権型ではなく分散管理型で行う仕組みです。

暗号通貨が既存の法定通貨と比べて本質的に新しいのは、ブロックチェーンで管理されるという点です。

中央管理者不在のメリット、デメリットは先の投稿で紹介しました。今回は、分散管理の仕組みについて見てみましょう。

中央集権型の台帳管理の場合

中央集権型の台帳管理をまとめると上の図のようになります。

例えば銀行を想像してみてください。全てのやり取りは銀行のサーバーで管理され、銀行が取引の処理や使用履歴を記録します。SuicaPayPalなどのサービスも同様です。

ブロックチェーンの台帳管理

一方、ブロックチェーンの分散型台帳管理の場合は、銀行のような中央の機関がありません。

代わりに、暗号通貨にはインターネット上で公開されている台帳があり、誰でも自由にダウンロードできます。台帳にはその暗号通貨の全使用履歴が記録されます(個人情報は全て暗号化されています)。

公開台帳を保有し閲覧するだけの人もいる一方、新しい取引を台帳に記録して報酬をもらう有志もいます。記録するには専用ソフトをダウンロードするなどの準備が必要ですが、準備さえできれば誰でも参加できます。

例えばビットコインを送金する場合

例えば個人がビットコインを送金する場合、その新しい取引情報はインターネットを通じその有志たちに共有されます。

情報を受け取った有志は、その取引を確認し情報を台帳に記録。

新しい記録は台帳を持つ人々に瞬時に共有され、その情報が正しいかを各台帳が自動確認、承認し、取引成立となります。そしてその情報は全ての台帳に同期されるのです。

データの塊(ブロック)がチェーンで繋がれるイメージ

先ほど出てきた、「インターネットで公開され、全使用履歴が載っている台帳」がブロックチェーンです。この名前はデータを記録した塊(ブロック)が鎖(チェーン)のように時系列に繋がれた構造によるものです。

「ノード」と「マイナー」

なお「公開台帳を持つ人々」は「ノード(node)」と呼ばれます。「新しい取引を台帳に記録する代わりに報酬をもらう有志」は「採掘者」もしくは「マイナー(miner:採掘者の意)」と呼ばれます。「採掘者」は「ノード」の一種だと言えます。

採掘(マイニング)とは

ブロックチェーンへの記録

暗号通貨の新しい取引の確認、記録作業は「採掘」もしくは「マイニング(Mining:採掘の意)」と呼ばれます。

「採掘」は例え 実際するのは計算

暗号通貨の「採掘」は、この様な採掘ではありません。

ブロックチェーンの記帳作業は金の採掘作業に例えて「採掘」と呼ばれます。あくまで例えで、暗号通貨の場合に行われるのは膨大な計算です。

なお、データを記録することを「ブロックを作成する」と表現することもあります。新たなデータのブロック(塊)を作り繋げるためです。ビットコインの場合は約10分に1つの頻度でブロックが作られています。

「採掘者」の目的は報酬

報酬を獲得できるのは、取引発生時に最初にブロックを作成した採掘者だけ、つまり1ブロックにつき1人です。扱う取引金額に応じ異なる難易度の計算問題が出され、計算を最初に終えた人だけがブロック作成の権利を獲得できます。

ブロックが作成されると、扱った取引金額に応じ自動的に暗号通貨が生成され、採掘者に支払われます。ビットコインの「採掘」であれば報酬はビットコインで支払われ、イーサリアムであればイーサリアムで支払われます。なお多くの暗号通貨はこの方法によってのみ新たに発行されます。

不正をしても利益にならない仕組み

ブロックチェーンの特徴の一つが、改ざんが難しいということです。

各ブロックの中には一つ前のブロックの情報が含まれるため、改ざんにはどこまでも遡っての作業が必要になります。

また公開台帳のため不正は隠すことができず、仮に他のノードと異なる情報を持つブロックがある場合、多数派が正当とされる仕組みになっています。

不正をするよりルール通り採掘した方が楽で得という、不正する気が起きない仕組みがブロックチェーンの分散管理を支えています。

ブロックに記録できる内容は種類による

記録できる内容はブロックチェーンの種類により異なります。例えばビットコインのブロックチェーンには決済記録を残すことができ、イーサリアムの場合は決済の条件を記録し、契約を自動化することもできます。

台頭する採掘者集団=マイニングプール

当初は個人でマイニングをする人もいましたが、競争激化に伴い集団で採掘を行なう人々が現れました。こうした採掘者集団は「マイニングプール」と呼ばれ、ブロック完成時の報酬はメンバーで分け合います。

マイニングプールは、迅速に計算を処理するためのスーパーコンピューター導入などで、採掘において圧倒的な存在です。彼らの台頭で個人の採掘者には厳しい状況となっています。

abasa
Aug, 17


Up Next

ICOを評価する方法

ICOが実現する可能性を評価する際に、助言を求められることがよくあります。私は時折ICOに参加することがありますが、それを投資だとは考えていないことをお伝えしておいた方が良いでしょう。

abasa
Dec, 17

ICOってなに?

ICOはInitial Coin Offeringの略で、日本語にすると新規暗号通貨公開という意味になります。こうした名称ではありますが、IPO(Initial Public Offiering:新規株式公開)との共通点はあまり多くありません。

abasa
Oct, 26

暗号通貨の始め方

2009年のビットコイン誕生から、暗号通貨に対する熱狂、関心は着実に拡がり続けてきました。またその他の暗号通貨やトークンの人気の高まりから、その熱はすぐに鎮まりそうにありません。

abasa
Sep, 14

ウォレットの種類

暗号通貨を送金し受け取るためには、まず暗号通貨のウォレットを準備する必要があります。暗号通貨のウォレットは、Eメールの受信トレイのようなものだと考えることができます。Eメールには様々な種類があり、その中でもよく知られているのがGoogle、Microsoft、Appleなどの無料Eメールサービスです。

abasa
Aug, 23

ビットコインってなに?暗号通貨は何が新しい?

発明から日が浅く、ルールが整備されていない暗号通貨は実験的な部分が大きく、未知数の存在とも言えます。またその仕組みを理解しようと思っても、カタカナ用語ばかりでわかりにくいと感じるかもしれません。

abasa
Aug, 17