暗号通貨の始め方

(業界人からのヒント:技術的な知識も大金も必要ありません)

2009年のビットコイン誕生から、暗号通貨に対する熱狂、関心は着実に拡がり続けてきました。またその他の暗号通貨やトークンの人気の高まりから、その熱はすぐに鎮まりそうにありません。一方、暗号通貨の話題は頻繁に耳にするにもかかわらず、大半の一般の人々は未だにほとんど詳しく知らないのが現状です。日々利用されている物理的な通貨よりも、暗号通貨の方がずっと複雑に思えるかもしれませんが、実際学ぶのに必要な努力は思うほど多くありません。

私の予想では、暗号通貨はこれから広く浸透し、物理的な通貨のほとんどは徐々に姿を消していきます。また各国政府は将来的に暗号通貨を使用するようになるでしょう。ベネズエラではすでに実現していることです。こうした状況を踏まえ、暗号通貨について今から学び始め、実際に使ってみることをお勧めします。

ウォレット

以前の記事でウォレットを種類別にご紹介しました。もしまだご覧になっていなければこちらから読んでみてください。私は少々ウォレットオタクなもので、これまで60種類以上のモバイル向け暗号通貨ウォレットを試し、その使いやすさや安全性などを検証してきました(何をチェックすべきかについては別の記事でご紹介します)。私たちZILLAは、これらのウォレットの良いところを集めてZILLAウォレットを作りました。ぜひ詳細をこちらからご覧ください。これは無料のサービスで、私たちはここで収入を得ていません。この記事を読んでくださっているあなたのように、暗号通貨を始めたいと思っている方のために生み出したものです。暗号通貨を保有するにはウォレットが必要になるからです。

*誰かから暗号通貨を受け取る際には、相手にはあなた自身が管理するウォレットのアドレスを教えましょう。あなたが使う暗号通貨取引所のウォレットアドレスを教えないようにしましょう。

暗号通貨取引所

ややこしくなりがちな題材なのですが、端的に紹介できるよう努めます。最初に、暗号通貨取引所からあなた自身のウォレットに暗号通貨を移すことが極めて重要なことだとお伝えしておきたいと思います。暗号通貨取引所は、簡単に言うとオンラインの暗号通貨の銀行です。顧客の資産が彼らの金庫で保管されます。取引所はハッカーの攻撃に頻繁に遭い、それに屈することもあります。「もしも」という空想の話ではなく、ハッカー被害に遭うその時にはあなたは資産を失うことになります。取引所に委ねることなく、あなた自身の管理するウォレットに暗号通貨を保管しましょう。

暗号通貨取引所には2つの種類があります。

タイプ1:法定通貨を受け付ける取引所

このタイプは規制の対象となることが多く(少なくとも送金サービスとしての認可が求められる)、利用者にはIDと住所確認が求められます。その後、あなたが取引所に法定通貨を移し、そこで暗号通貨に両替するのです。

法定通貨を受け付ける暗号通貨取引所は、暗号通貨の取り扱い種類という点では比較的少ないですが、暗号通貨の初心者にとっては初めて暗号通貨を手にする主要な場となっています。

タイプ2:暗号通貨のみ受け付ける取引所

このタイプの取引所は言うならば規制に関しては緩く、暗号通貨世界の未開拓エリアを行くタイプです。暗号通貨のみを受け付けるタイプの取引所の多くは、あなたのIDや住所確認を行いません。それにもかかわらず、幅広い暗号通貨の取り扱い種類は大変魅力的なため人気があります。

暗号通貨を入手する方法

ステップ1:法定通貨を受け付ける国内の取引所に口座を開設しましょう。口座認証には通常1週間から10日かかります。

ステップ2:あなたの銀行口座から暗号通貨取引所の口座に資金を移しましょう。移動した資金がオンラインに反映されるまでには約1日かかります。

ステップ3:ビットコインかイーサリアムを購入しましょう。暗号通貨の中で現在もっとも主要なのがこの2種類で、世界中すべての取引所で扱われています。

ステップ4:両替した暗号通貨をあなた自身が管理するウォレットに移しましょう(ウォレットの詳細に関してはこちらの記事をご覧ください)。

もしその他の種類の暗号通貨購入に興味がある場合は、暗号通貨専門の取引所に口座を開設する必要があります。その際には、ビットコインもしくはイーサリアムを元手に他の暗号通貨に両替することになります。

*取引所に資金を預ける際には、資金の引き出しに関する取引所の方針を確認しておきましょう。資金を預け入れることはできても、引き出す際には個人確認書類の提出が必要な場合、また引き出すための料金を支払わなければいけないこともあるからです。

mp3ファイルやjpeg画像などデジタル商品は、購入や貸し出し、ダウンロードや保存といったことまで広く認知されていますが、暗号通貨はそれらのどのデジタル商品とも似ていないため、購入と取り扱いのためには事前に少し学んでおく必要があります。私がお勧めするのは、まず学ぶために少額を購入することです。1,000円もあれば始めるには十分すぎるほどです。

おまけ:暗号通貨を入手する方法で、これまでに紹介していない方法が1つあります。

ICOに投資する

ICOはブロックチェーン企業のための資金集めの方法です。企業が暗号通貨を発行し、投資したい人はそれを購入します。次の記事では、ICOについてもう少し詳しく、IPOとどのように違うのかなどについてご紹介します。どうぞお楽しみに!

abasa
Sep, 14


Up Next

ICOを評価する方法

ICOが実現する可能性を評価する際に、助言を求められることがよくあります。私は時折ICOに参加することがありますが、それを投資だとは考えていないことをお伝えしておいた方が良いでしょう。

abasa
Dec, 17

ICOってなに?

ICOはInitial Coin Offeringの略で、日本語にすると新規暗号通貨公開という意味になります。こうした名称ではありますが、IPO(Initial Public Offiering:新規株式公開)との共通点はあまり多くありません。

abasa
Oct, 26

暗号通貨の始め方

2009年のビットコイン誕生から、暗号通貨に対する熱狂、関心は着実に拡がり続けてきました。またその他の暗号通貨やトークンの人気の高まりから、その熱はすぐに鎮まりそうにありません。

abasa
Sep, 14

ウォレットの種類

暗号通貨を送金し受け取るためには、まず暗号通貨のウォレットを準備する必要があります。暗号通貨のウォレットは、Eメールの受信トレイのようなものだと考えることができます。Eメールには様々な種類があり、その中でもよく知られているのがGoogle、Microsoft、Appleなどの無料Eメールサービスです。

abasa
Aug, 23

ビットコインってなに?暗号通貨は何が新しい?

発明から日が浅く、ルールが整備されていない暗号通貨は実験的な部分が大きく、未知数の存在とも言えます。またその仕組みを理解しようと思っても、カタカナ用語ばかりでわかりにくいと感じるかもしれません。

abasa
Aug, 17