ICOをする方法:ステップ4 – コミュニティを作る

多くのICO成功しません。私の見解では、その理由は彼らが自分たちのコミュニティを十分に育てなかったからです。プロジェクトを軌道に乗せるには、コミュニティの育成が不可欠です。

  1. ICOを成功させるためには、あなたの会社を応援する人を大勢味方につける必要があります。そうすることで、資金調達の目標を達成するチャンスが増すのです。もしクラウドセールを実施する予定なら、参加するのはあなたのコミュニティのメンバーです。もし機関投資家のみに売り込みたい場合でも、大きなコミュニティがあればあなたのプロジェクトの話が投資家たちの耳に入りやすくなります。そして、その大きなコミュニティこそが、プロジェクトが長期的に成功するという社会的な証明になるのです。
  2. メディアの注目を集める機会を増やしましょう。
  3. 大手の暗号通貨取引所に上場する機会を増やしましょう

本物の、積極的に参加する人々のコミュニティを作り上げるためには、並大抵ではない努力、時間、そして情報の一貫性が必要です。またネット上での荒らしをコントロールし、プロジェクトを取り巻く感情をポジティブに保つことも、想像を絶する困難と言ってもいいでしょう。本質的に、あなたの会社をネット上でのインフルエンサーにしなければなりません。

ウェブサイトを立ち上げる

もしウェブサイトがまだなければ、コミュニティづくりの前に準備する必要があります。

ウェブサイトではあなたの自己紹介、ホワイトペーパー、あなたの商品やサービスがどのようなものかを明確に説明しましょう。サービスについて掘り下げた説明をするためのブログや、メルマガの登録フォームを設けるのも良いでしょう。

私たちが最初に立ち上げたウェブサイトは酷いものでした。見た目にも美しくなく、ICOの潜在的な参加者にメルマガ登録をしてもらうなどの行動喚起が全くできていませんでした。 2番目のウェブサイトには登録フォームなど行動喚起のボタン設置し、少し改善しました。デザインも少し良くなりました。3番目では行動喚起のボタンをより最適化しました。4番目がこれまでの私たちのベストです。なお5番目は近日公開予定です。

私からのアドバイスとしては、ウェブサイト周りはCDO(チーフデザインオフィサー)に任せることをお勧めします。CDOがいない場合には、デザイナーを見つけてサイトのデザインを依頼しましょう。45万円程度で発注できます。大金に聞こえますが、投資する価値はあります。

ZILLAの場合、一番最初のウェブサイトは私がデザインを手がけました。私自身がデザイナーとしてのバックグラウンドもあり、スタートをいち早く切るためそのように進めました。しかしもちろん私が100%の時間をそこに割けるわけではなく、あるべきデザインには仕上がりませんでした。結局、6週間ごとにサイトを丸ごとデザインし直す必要に迫られ、コストは45万円を優に超えていたと思います。

途中から外部のデザイナーに依頼するようになりましたが、私自身がディレクションを出し、それはそれで苦労はありました。現在ではフルタイムのデザイナーを雇い、私の意向を反映したデザインに仕上げてくれています。

ZILLAにも最初からCDOや全て任せられるデザイナーがいれば、8か月間に5回もデザインし直すことにはならなかったでしょう。

メーリングリストを作る

ウェブサイトができたら、メーリングリストを作りましょう。ICOの全過程を通じて通知を受け取るためのメルマガ登録フォームを作るのです。すぐにICOに参加する準備ができている人はなかなかいません。多くはプロジェクトに関わるかを決めるため、より多くの情報を求めるのです。

私の経験上、Telegramなどのソーシャルチャンネルを運営するよりもメーリングリストを作る方がずっと簡単です。

毎週定期的にメールマガジンを送りましょう。プロジェクトの近況、業界の情報、投資についての見解などを発信し、ICOをするまでの数々のステップを滞りなく共有するのです。内容は常に宣伝的なものとは限りません。

カレンダーサイトを活用する

あなたのICOを告知できるカレンダーウェブサイトは数え切れないほどあります。無料で使えるものを見つけ、できるだけ多くのカレンダーで告知しましょう。こうしたサイトは、あなたが計画しているICOの日程を公にできる場であり、また他社のICO事前キャンペーン方法を把握し、刺激を受けられる場でもあります。

コミュニティを作る

Reddit Twitter Slack Telegramなどに、活発な暗号通貨コミュニティがあります。チャットグループは非常に労力がかかるので、あなたの時間を確保するためにはグループの管理者を別に雇い、運営を任せる必要があるでしょう。加えてTelegramSlackにはチームメンバーを装い詐欺を働く者が出てくることもあり、安全で透明性のあるコミュニティ作りには常に管理者が目を光らせていることが不可欠なのです。

もし時間があれば、FacebookLinkedinにも取り組みましょう。これらのチャンネルはブロックチェーン投資家の中心拠点とは言えませんが、あなたの企業に関する話題拡散に貢献する可能性があります。

あなたの観客に話しかける

あなた自身が暗号通貨の天才である必要はありませんが、あなたのクラウドセールについて話をする上で、暗号通貨を熟知している人と、ブロックチェーンやビットコイン、ICOに興味を持ち始めたばかりの人の両方と話をする必要があります。

両方のグループ向けにコンテンツを作りましょう。ブログ記事か動画で、ICOの過程を詳細に説明するコンテンツを作り、あなたのプロジェクト紹介やブロックチェーンがより多くの価値を提供できる理由などを説明するのです。

暗号通貨の玄人に話をすることはメリットにつながります。Bitcoin TalkTelegramなど、暗号通貨に関する公開のコミュニケーションの場では技術的な口調を保ちましょう。一方、Facebookなどでは一般に伝わるように話しましょう。

ZILLAコミュニティで本当にあった話 

当初、私たちのオンライングループのコミュニティマネジャーは私でした。最初はSlackを使ってオンラインコミュニティを作りましたが、すぐにTelegramに移行しました。Telegramは詐欺や荒らしを削除しやすかったからです。

私は当時、毎日10時間をチャットに費やしていました。ほとんどは同じ質問に何度も答えるというもので、残りは荒らしなどのネガティブなユーザーを削除していました。午前2時にスマホを手にしたまま眠りに就き、朝6時半にスマホを手にしたまま目を覚ますのです。

これを6週間ほど続けて目覚めたある朝、寝ている間にZILLAについての質問に私の代わりに誰かが答えているのを見つけました。

その人に「誰ですか?」と尋ねると、「デイヴィッドと言います。ZILLAが大好きです」と返信がありました。デイヴィッドはアフリカで働く薬剤師で、私たちのビジョンに強い関心があり、ある時私が働きすぎているのに気づき、無料で協力することにしたのだそうです。

彼は3か月間無料で働き、私はとうとう彼をパートタイムで雇うことにしました。彼は今もZILLAで働いています。

あなたのデイヴィッドを探そう

もしあなたのプロジェクトが本当に何らかの問題を解決するのであれば、そして潜在顧客や潜在的なICO参加者と繋がっていれば、誰かが現れコミュニティ作りを手伝ってくれます。全く予想外のところから現れることもありますが、その場合には正しく扱い、良い待遇で報酬を支払いましょう。

データをわかりやすく表現する

あなたのユニークなサービス紹介やその必要性、ブロックチェーンでどのように機能するかなどの説明に加え、事実に即した統計データも紹介する必要があります。ただ、トレンドや統計データをただ読むのは楽しいことではありません。読みたくなるような方法であなたの価値を表現しましょう。データをインフォグラフィックスで見せることがお勧めです。読みやすくすることで、コミュニティ内であなたのストーリーをシェアする後押しになります。

投資家たちは、あなたのICOが成功すると知るための証拠を必要としています。またデータを公表するということはネット上での話題を生み出すことにもつながります。デジタルメディアが記事内であなたのICOに言及しやすくなるからです。

ICOコミュニティを作る前に、考えを仕分けしよう

最後にまとめると、 カレンダー、SNS、メーリングリスト、RedditQ&Aなど、やれることはすべて試してみましょう。すべては信用、透明性、情報公開、そして定期的な関わりあいです。これらは短期決戦ではなく、すべて長期的なものとして考えましょう。

とはいえ、まずはあなたの商品やサービスが良いものでなくてはなりません。商品を想像しただけでマーケティングに時間をかけても、全てが無駄になるだけです。

ステップ 5 -暗号通貨の規制とICOの法律顧問こちらから。

abasa
Jul, 10


Up Next

ICOをする方法:ステップ10 – さあ、動き出そう!-ICOが終わったら-

まずは、おめでとうございます!ステップ10までたどり着きましたね。ここまで来ればブロックチェーンビジネスでMBAを取得したようなものです。

abasa
Nov, 6

ICOをする方法:ステップ9 – 取引所に上場する方法

クラウドファンディングとICOを差別化するのは、暗号通貨取引所の存在です。クラウドファンディングの場合、キャンペーンに資金を送った後、支援者はただプロジェクトの成功を祈りじっと待つだけです。

abasa
Oct, 19

ICOをする方法:ステップ8 – 技術チームのためのICOチェックリスト

これはICOを行う際の、技術者チーム向けのアプリ/サイト制作チェックリストです。

abasa
Oct, 9

ICOをする方法:ステップ7 – 適任なアドバイザーの選び方

一般的にICOの場合には、その他のスタートアップとは異なり、企業の様々な側面を手助けしてもらうためにアドバイザーを迎えます。ZILLAのサービスには日々新しいICOプロジェクトの登録があり、私はこれまでに400件以上のICOを精査してきました。

abasa
Sep, 3

ICOをする方法:ステップ6 – ロードショー

マーケティング戦略の実行、弁護士への相談、コミュニティの構築が完了して製品の準備が整ったら、始めましょう。

abasa
Aug, 15

ICOをする方法:ステップ5 – 暗号通貨の規制とICOの法律顧問

ICOを行う際に最も重要なことの一つが法律顧問を見つけることです。少し探せば、あなたが拠点とする地域で暗号通貨関連の経験がある弁護士を見つけることができるはずです。

abasa
Aug, 6

ICOをする方法:ステップ3.5 – ICO 代理店について

ICO代理店について ICO代理店には様々な種類があります。まずそれぞれの違いを比較してみましょう。それを踏まえた上で、なぜそれが一般的に悪い考えなのかを説明しようと思います。

abasa
Jul, 30

ICOをする方法:ステップ3 – マーケティング戦略を立てる

企業はそれぞれ、その業種やチームの強みと弱み、地域などに合わせて異なる戦略を練る必要があります。今回の内容は、あなたのマーケティング戦略を正しい方向性に導くための手引きとして使っていただける内容にしたいと思います。

abasa
Jul, 30

ICOをする方法:ステップ4 – コミュニティを作る

多くのICOは成功しません。私の見解では、その理由は彼らが自分たちのコミュニティを十分に育てなかったからです。プロジェクトを軌道に乗せるには、コミュニティの育成が不可欠です。

abasa
Jul, 10

ICOをする方法:ステップ2 – ホワイトペーパーを書く(難しそうに聞こえますが、想像以上です)

まずお伝えしておきたいのは、誰もあなたのICOのことを気に留めていない、ということです。

abasa
Jul, 10

ICOをする方法:ステップ1 – ビジネスアイディアをまとめる

スタートアップ企業は従来、ベンチャー投資家に自分たちのアイディアをプレゼンして資金調達を行っていました。

abasa
Jul, 9