ICOをする方法:ステップ3 – マーケティング戦略を立てる

企業はそれぞれ、その業種やチームの強みと弱み、地域などに合わせて異なる戦略を練る必要があります。今回の内容は、あなたのマーケティング戦略を正しい方向性に導くための手引きとして使っていただける内容にしたいと思います。

マーケティング戦略における最大のミスは、ICOのマーケティングに資金を適切に割り当てないことです。調達した資金の10%ほどは、6~9か月間のマーケティングに充てるべきだと言えます。

要素:

コンテンツマーケティング

ブログ

• YouTube

ポッドキャスト

• Twitter

コミュニティ

PR

周囲に連絡する

ブログ、メディア

• YouTubeインフルエンサー

ポッドキャスト

• Twitter

有料オンライン広告

• Google広告

• Facebook広告

• YouTube広告

詳細:

コンテンツマーケティング

ブログ まず、ブログを立ち上げる目的は何かを考えてみましょう。ICO参加者を獲得するためでしょうか。それともあなたの商品の顧客ベースを拡大するためでしょうか。

目的が明確になったら、ターゲットとなる読者の人物像を考え出してみましょう。そこで彼らがどのようなキーワードで検索をするか考え出しましょう。そのキーワードをもとにブログ記事を作成するのです。

例えば、もしあなたが新しい暗号通貨の採掘装置を提供し、データセンター設営企業を対象としている場合、マーケティング対象となる人物像は採掘データセンターを立ち上げるCTO、と仮定できます。そこからキーワードを考え出し、そのキーワードに基づき記事を作成するのです。

YouTube 上記の例の場合、あなたのYouTube チャンネルでは採掘データセンターに関するものを扱います。

ポッドキャスト 暗号通貨採掘の分野で主要な人物にインタビューするなどが考えられます。

Twitter暗号通貨関連のツイートはとても活発です。暗号通貨に関し、最近の動向や出来事をツイートすることは注目を集める良い方法です。

コミュニティ— ICO を成功に導くためには、あなたのプロジェクトのファンが大勢必要です。Telegramでのコミュニティ育成は骨が折れる上に極めて時間を消費しますが、その価値はあります。これついては改めて別の記事で紹介します。

PR

まずPRの目標を考え出してみましょう。ICOのホワイトリストにのせる人を集めることが目標なら、PRでは暗号通貨関連のメディアに重点を置くべきでしょう。

ブログ、メディアパブリシティ暗号通貨に関係があるブログやメディアのみに照準を合わせましょう。ウォールストリートジャーナルに連絡を取るため時間やお金を費やしても、読者があなたのICOに参加する可能性がほとんどないなら全ては無駄になります。

YouTube インフルエンサー暗号通貨関連のYouTubeインフルエンサーは大勢います。しかし彼らには日々、インタビュー依頼が殺到していることは間違いありません。

評判の良くないインフルエンサーほど高額な料金を請求する傾向にあります。なかには、1回のインタビューに1,100万円以上を請求したインフルエンサーもいます。

評判の良いインフルエンサーは料金を請求しませんが、彼らがあなたの商品について話すのは彼らがプロジェクトのファンになった場合だけです。私からのアドバイスとしては、あまり早すぎる段階でインフルエンサーに連絡を取らないことです。イベントで彼らに話しかけるのが良い方法でしょう。

ポッドキャスト 暗号通貨関連のポッドキャストはわずかしか存在しません。つまり、 彼らにもインタビューの依頼が殺到しているということです。私がおすすめするのは、あなたの商品に関連する出来事がメディアで取り上げられているタイミングで連絡することです。仮にあなたの商品が新種の採掘装置に関するもので、もし米国政府が暗号通貨の採掘禁止要請を出しているなら、その時がポッドキャストに連絡を取るいいタイミングです。

Twitter インフルエンサー もちろん、彼らにも様々なICOプロジェクトからの依頼が殺到しています。彼らに連絡する一番の方法は、ダイレクトメッセージを送る前に公開の場でやり取りをすることです。

有料オンライン広告

Google広告、Facebook広告、 そしてYouTube広告は全て、特定の人物像に向けて行動喚起するための効果的な方法です。例えば、もしあなたのホワイトリストにできるだけ多くの人を加えたい場合、各媒体に最適な広告を作り、あなたが働きかけたい人物像に対象を絞り、そこで広告を運用して適宜改善するのです。広告のスペシャリストを見つけるのは難しいことではありません。重要なのは広告の成果をテストし、広告を改善することです。

予算について補足

もしあなたが新手の起業家の場合、もしくは自力で創業した人の場合、マーケティングにどれだけの時間と費用がかかるかに衝撃を受けているのではないでしょうか。

コンテンツマーケティングの目的は、あなたの企業をその分野における「インフルエンサー」にすることです。もしあなた自身が2万人以上のフォロワーを有するインフルエンサーの場合、これは比較的簡単なことでしょう。そうでない場合、費用がかさむかもしれません。

PRには非常に人出がかかりますが、もしすでに人脈がある場合やあなたが暗号通貨の分野でインフルエンサーの場合、PRは比較的容易なはずです。そうでない場合、こちらも費用は高額になりえます。

有料広告の運用は簡単に学ぶことができますが、独学で行おうとすると非常に時間がかかり、また高額でもあります。労力に対する費用のみならず、広告費も必要になるからです。

もし1か月あたり1,500万円をマーケティングに充てる場合、その大部分は有料オンライン広告に割かれることになるでしょう。

それだけ多くの予算を誰かに任せるのは簡単なことではありません。そのためCMOは組織の中で重要な位置付けを占めるのです。そして、この役割は外部に委託されるべきではありません。

ステップ3.5  ICO 代理店についてはこちらから。

abasa
Jul, 30


Up Next

ICOをする方法:ステップ10 – さあ、動き出そう!-ICOが終わったら-

まずは、おめでとうございます!ステップ10までたどり着きましたね。ここまで来ればブロックチェーンビジネスでMBAを取得したようなものです。

abasa
Nov, 6

ICOをする方法:ステップ9 – 取引所に上場する方法

クラウドファンディングとICOを差別化するのは、暗号通貨取引所の存在です。クラウドファンディングの場合、キャンペーンに資金を送った後、支援者はただプロジェクトの成功を祈りじっと待つだけです。

abasa
Oct, 19

ICOをする方法:ステップ8 – 技術チームのためのICOチェックリスト

これはICOを行う際の、技術者チーム向けのアプリ/サイト制作チェックリストです。

abasa
Oct, 9

ICOをする方法:ステップ7 – 適任なアドバイザーの選び方

一般的にICOの場合には、その他のスタートアップとは異なり、企業の様々な側面を手助けしてもらうためにアドバイザーを迎えます。ZILLAのサービスには日々新しいICOプロジェクトの登録があり、私はこれまでに400件以上のICOを精査してきました。

abasa
Sep, 3

ICOをする方法:ステップ6 – ロードショー

マーケティング戦略の実行、弁護士への相談、コミュニティの構築が完了して製品の準備が整ったら、始めましょう。

abasa
Aug, 15

ICOをする方法:ステップ5 – 暗号通貨の規制とICOの法律顧問

ICOを行う際に最も重要なことの一つが法律顧問を見つけることです。少し探せば、あなたが拠点とする地域で暗号通貨関連の経験がある弁護士を見つけることができるはずです。

abasa
Aug, 6

ICOをする方法:ステップ3.5 – ICO 代理店について

ICO代理店について ICO代理店には様々な種類があります。まずそれぞれの違いを比較してみましょう。それを踏まえた上で、なぜそれが一般的に悪い考えなのかを説明しようと思います。

abasa
Jul, 30

ICOをする方法:ステップ3 – マーケティング戦略を立てる

企業はそれぞれ、その業種やチームの強みと弱み、地域などに合わせて異なる戦略を練る必要があります。今回の内容は、あなたのマーケティング戦略を正しい方向性に導くための手引きとして使っていただける内容にしたいと思います。

abasa
Jul, 30

ICOをする方法:ステップ4 – コミュニティを作る

多くのICOは成功しません。私の見解では、その理由は彼らが自分たちのコミュニティを十分に育てなかったからです。プロジェクトを軌道に乗せるには、コミュニティの育成が不可欠です。

abasa
Jul, 10

ICOをする方法:ステップ2 – ホワイトペーパーを書く(難しそうに聞こえますが、想像以上です)

まずお伝えしておきたいのは、誰もあなたのICOのことを気に留めていない、ということです。

abasa
Jul, 10

ICOをする方法:ステップ1 – ビジネスアイディアをまとめる

スタートアップ企業は従来、ベンチャー投資家に自分たちのアイディアをプレゼンして資金調達を行っていました。

abasa
Jul, 9